中学受験は小学校6年生が挑む受験です。中学生や高校生が自らの意志を強く持ち、受験に挑むというよりは、保護者がお子さんの将来のことを考えて中学受験実施校の中から魅力ある中学を選択し、受験させることが多い受験です。

小学生が受験するということもあり、当然のことながら保護者がかかわることの多い受験ですが、関わるのではなく、お子さんをサポートし親子で中学受験に合格するという気持ちを強く持ち挑むことが必要な受験です。

義務教育で小学校からそのまま進学できる公立中学を選ぶのではなく、受験という大きな試練に立ち向かってまでも私立中学や公立の中高一貫教育校を選択する意味は何か、というと、中学生という多感で成長著しい年代にこそ、教育方針がしっかりしたレベルの高い指導を受けてほしいという保護者の気持ちからでしょう。またそのほか、私立中学など中学受験実施校は設備も充実しており、公立中学にはない特別な魅力も兼ね備えています。

親子で力を合わせて挑戦

稀に、お子さんがその中学に魅力を感じ、自ら選択するということもありますが、多くは保護者の意思に沿って行われることが多い中学受験です。親と子が力を合わせ、将来の夢に向かって挑む、最初の受験となる中学受験を、どのように乗り切っていくか、その方法を少しでも理解しておくことが大切です。

当サイトは中学受験を保護者とお子さん、ご家族が一体となって乗り切っていくために何が必要なのか、それをお伝えするサイトです。これから挑む中学受験のサポートサイトとなれたら幸いです。