ご家庭で中学受験を目指そうと決めたのはいつでしょう。小学校高学年になってからでしょうか、それとも、小学校に上がった時点で保護者が中学受験を決定し、すでに低学年の年代で中学受験準備を始めているでしょうか。

中学受験までの準備については、ご家庭でいつ中学受験に挑むことを決定したかによります。ご家庭によっては、小学校低学年で中学受験を志し、すでに進学塾に通っているお子さんもいますし、家庭学習に力を入れているご家庭もあります。

小学校5年生、高学年になってから中学受験を目指す場合には、お子さんがどのくらいの学力レベルを持っているか確認し、その上で進学塾へ行かせるのかいいのか、個別指導塾がいいのか、また家庭教師がいいのかを判断し、勉強を始めるご家庭も多いでしょう。

何時、中学受験に挑むことを決めるのか、それによって中学受験の勉強内容も、勉強の仕方も変わってきます。まずはお子さんが今、小学校の成績は別として、学力レベルとしてはどの程度にあるのか、模試や学力テストを受けてみるというのもいいでしょう。

一般的には小学校4年生、5年生くらいから受験準備に入り、小学校6年生には受験体制に持っていきます。何時始めるのか、その準備の期間などは、ご家庭の決意によって違ってくるということです。