保護者と一体になって頑張る中学受験、やはり保護者が自分の味方に付いて努力してくれているということをお子さんが知ることがいいことです。中学受験の情報を調べたり、学校の説明会に出席する、また塾の送迎にお弁当作りなど、保護者がサポートできることはたくさんあるのですが、それをお子さんが理解し、協力してくれていると感じていれば、頑張る力も大きくなります。

保護者は中学受験に挑むお子さんの様々なサポートを行うのですが、中でも保護者にしかがんばれないことがあります。それは、経済的なサポートです。黙っていても公立中学に行けるのにあえて中学受験が必要な私立中学などに行くという決断をした場合、費用がかなり違ってきます。

公立中学は義務教育ですから、それほど大きな負担となる費用は掛かりませんが、私立中学は授業料から施設拡充費、PTA費用までかなりの金額となります。一般的に公立中学は3年間で140万円くらいの費用が刈りますが、私立中学に至っては300万円くらいの金額が必要となるため、倍の計算です。これに加えて塾の費用も掛かります。

公立中学に行くのではなく私立中学に行く際には、保護者がかかる費用についてしっかり理解しておくこと、またその費用をどう捻出するか計画的に考えておく必要があります。