中学受験を目指すと決めてから、お子さんもいろいろな気持ちを経験しますが、保護者もこれまでに経験がない気持ちを感じることになります。お子さんの成績が上がらない、というだけではなく、このままでは合格できないのではないか、また自分たちが決めた指導方針が間違っていたのではないか、今からでも塾を変えた方がいいのか?ということも考えるでしょう。

またご夫婦で教育に対する考え科型全く違うということもあります。お父さんはのびのび自由に生活する方が子供のためになると考え、お母さんは親として、子供が将来広い選択肢で物事を見ることができるように中学受験など高いレベルの教育を受けさせた方がいいと考えている、こうなると夫婦で諍いになる事もありますし、一方が協力してくれないということにもなります。

中学受験はお子さんだけががんばるのではなく、家族全体でしっかりサポートすることが必要な大きな試練です。そのため、夫婦が諍いを起こしている場合じゃありませんし、よく話し合いを行い、お子さんの将来のために必要なことを一つ一つクリアしていってください。保護者がともに協力してくれている、家族がみんなサポートしてくれていると感じれば、お子さんもしっかり勉強を頑張ってくれます。