中学受験を目指す際に重要な決定事項が志望校決定です。昔から志望校の決定には模試の結果によって出てくる数値、偏差値が大きくかかわっていましたが、関わっているのは今も同じです。ただ、昔ほど偏差値だけに頼ることはなくなってきています。

偏差値の数値、また合格圏内の幅が非常に広くなってきているため、偏差値によって出される合格圏内の結果が、あてにならないといわれています。どうして偏差値が当てにならないといわれるようになったのかというと、模試の内容を入試内容に大きな違いがあるからといわれています。

勿論模試に出たような問題が多数出題される学校もありますが、超難関校や御三家と呼ばれる学校ではかなり個性的な問題を出題されるため、毎年、塾などでもその出題傾向に頭を悩ませます。模試の内容と入試の出題傾向にずれがあるため、偏差値にも大きな幅ができているのです。そのため、偏差値の数値を当てにして志望校を設定し実際に受験した結果、落ちてしまったという話も聞きます。

志望校を決定する際には、偏差値だけにとらわれるのではなく、そのほかの要素、お子さんの性格、学力、学校の質、スポーツの実績、施設の充実性などをよく確認し、学校を選択するようにしましょう。