中学受験を目指すお子さんすべてが理想的な学力を持っているとは限りません。中には基礎学力が整っていないお子さんもいるでしょうし、小さい頃から学校の宿題以外の勉強をしたことがないというお子さんもいるでしょう。この場合、私立中学などの受験に特化した進学に通ったとしてもついていけない状態となるので、まず補習塾で基礎学力を上げるということが必要かもしれません。

補習塾では学校の授業主体で、予習、復習をメインに学習を進めています。講師は臨機応変に生徒の学力について考えてくれますので、この科目が弱い、この部分位から分からなくなったということを伝えれば、授業の中で指導してくれるでしょう。

公立小学校にずっと通い、今まで中学受験に沿った勉強をしてこなかったというお子さんも、まずは補習塾に通い学力レベルを一段階あげてから、進学塾を考えるというお子さんが多いです。学力レベルが合わない進学塾に通っても、成績が上がる、中学受験にいい学習ができると思えません。

塾では実績や合格率などをうたい文句に入塾性を募っていますが、そこに惑わされることなく、お子さんの学力、性格などを保護者がよく理解し、その上で、お子さんにあった塾の選択をしていきましょう。