気が小さくお友達にもあまり言いたいことを言えない、先生と話をするのが苦手、いつもお友達の中でニコニコとお友達が話をするのを見ているなど、消極的でおとなしいお子さんもいます。競争精神がありほかの子に負けないという気持ちを持つことができるお子さんは、集団指導の進学塾に行っても、堂々と質問し、ライバルたちに負けまいと勉強することができますが、消極的なお子さんは、まずその雰囲気に慣れることができず苦しみますし、周りのお友達の中で委縮し、成績を下げる要因ともなります。

中学受験本番や面接などのことを考えると集団に弱い、人に弱いということを言っていられませんが、その前に、しっかり基礎学力を向上させ、中学受験の難しい入試問題を解ける様にならないといけません。将来集団型の塾に通わせるとか、夏期講習などに参加させるということも考えていくべきですが、まずは個別指導塾で学力を向上させ、自信を持たせるということが必要でしょう。

個別学習塾は生徒一人に講師一人、もしくはグループで学習するという少人数制の塾です。人数が少ない状態で学習するので、先生にも質問しやすくおとなしい性格のお子さんでも、しっかり勉強できるでしょう。無理して集団型塾に行かせるよりも、まずはお子さんの性格に合わせて適切な塾を選ぶことが必要です。