保護者はお子さんの教育費用についてしっかり考えておくことが求められます。公立中学に行く場合も、高校受験対策として補習塾や進学塾に通わせるようになるので、やはり塾など教育費用を考えなければなりませんが、中学受験を目指すご家庭では小学校から進学塾や家庭教師などの費用を考えておかなくてはならないので、公立中学に行くよりもずっと費用が掛かるということを理解しておくべきです。

通常、小学校4年生で年間60万円くらいの費用が掛かるといわれています。小学校6年生ともなると塾では夏期講習や冬期講習、勉強合宿に模試などかかる費用がぐっと増えていくため、より一層費用が掛かるようになり、年間100万円以上の費用が必要といわれています。

苦手科目があり進学塾と別にダブルスクールを利用するとなるとさらに費用が掛かってくるので、お子さんの学力によってはさらに多くの費用が掛かると考えておく必要があります。塾の費用に加えてさらに学校の費用も掛かってくるようになりますので、家計の多くを教育資金が埋めていくと感じるご家庭もあるでしょう。

学習塾にかかる費用は安くない、だからこそお子さんが利用する際、お子さんに合ったもの、実力向上となる塾を選ぶ必要があるのです。