地域に中学受験に特化した進学塾がない、また補習塾に行くのも距離があるということになると、家庭教師の利用を考えるご家庭もあるでしょう。また基礎学力がほかのお子さんと比較して劣るようなら、進学塾と家庭教師のダブルスクールを考慮することも必要となってきます。家庭教師についても指導力がある人ならだれでもいいということではなく、お子さんの性格をよく理解してくれる家庭教師が必要です。

指導力があるプロ家庭教師は確かに魅力があります。指導力が高く合格実績がいい講師は、どの家庭からも支持されることが多いのですが、お子さんの性格と合っているかどうかはわかりません。最近は家庭教師派遣サイトなど、たくさんの会社が家庭教師の派遣を行っていますので、利用する際に、お子さんの性格、学力などをしっかり相談し、お子さんのことをよく理解している状態で派遣してもらうことが重要です。

お子さん自身がやる気になっていればいいのですが、勉強する気持ちが薄いお子さんにも、我慢強く丁寧に接する必要があるので、家庭教師がどのような人になるかでお子さんの成績向上にも深く関係してきます。ただ、家庭というお子さんが一番リラックスできる環境で勉強できるという利点は高いので、家庭教師をどんな人に依頼するのかをよく考え、家庭教師派遣サイトのスタッフに相談し、人選してもらうといいでしょう。