中学受験のために進学塾を利用されている保護者に聞くと、進学塾の講師とのコミュニケーションがとりにくく、お子さんの塾の様子を聞きたいけれどいつ聞いていいのかタイミングがわからないという保護者も多いものです。学習塾の中でも特に進学塾は集団型指導を行っていることが多いので、生徒一人一人に対応できているかというと、そうでもない現実があります。

その点、家庭教師は自宅に来てくれるという指導方法なので、保護者と話をする機会が多いです。保護者からも成績の状態などを家庭教師にいつも伝えることができますし、家庭教師からも勉強している様子を保護者に伝えることが可能です。成績についての悩みがある場合も、伝えやすいのでそのお子さんの状態にあったきめ細かい対応が可能です。

子供と家庭教師の意思疎通がしっかりできていないということもありますが、家庭の中で家庭教師と家族がしっかりコミュニケーションをとる機会も作れます。そういう機会を作り、家庭教師とご家族、そしてお子さんが気持ちを合わせていくことで、指導環境も良くなっていくでしょう。

指導についてまたお子さんの気持ちについて細かくコントロールできるということは、家庭教師を利用する大きな利点です。